ED(勃起不全)勃起障害

性的機能不全と勃起障害
勃起障害(ED)は性的機能不全(SD)としばしば同一視されます。
しかし、SDは「性的な欲求、勃起、セックス、射精、オルガスムの1つを平らにするものは、なくなっています。
あるいは、不十分です」と、定義されます。
そして、EDはSDのわずか1つです。そのほかに、それは広義の男性の不妊性が現在人工授精以外の
精子によって男の身体から可能であると、考えられていやすいです。
そして、不妊性に関しては、通常の性交を実行することができない病気のケースを示しているために
2,010年の間、二度と密接に人不妊性と一致しません。
そしてそれは、「一定期間通常の性交を続けます、そして、妊娠のために不注意です」。

老化と勃起障害
通常、年齢によって見るとき、本来、性交の頻度の一群の初期の年齢より古くなるグループになっています。
もちろん、性交をすることは、EDを含む性的機能不全だけの原因でない場合があります。
しかし、結局テストの合成が老年になるとき、減少します。
そして、若干の萎縮は、精巣に認められます。そして、スポンジ状の体平滑筋の十分な緩和は有能になりません。
そのうえ、結婚の期間と性の回数の相関関係を指し示しました(すなわち、疲労の段階)。
しかし、これを否定している意見があります。

老人のために行われる性的な欲求調査において、およそ80%の-90%の男は性的な欲求をします。
それは、-60です。42.1%の4% 90%、性的な欲求そのものについて年をとるとしても
まだ持つことを続けることができると、確かに調査の性的な欲求がある人が日本で老人クラブの
メンバーの男のために1973年から特に1985年まで60才以上持ち運んだ性交と
予想することがそうである場合がある人は、言いました。

ED(勃起不全)手術治療ED(勃起不全)について